カラーの明るさ

taiyou-illust1

お客様に

「髪の毛ってどうして濡れてる時は暗く見えるですか?」

とご質問いただきました

 

色って

そのもの自体に発光する力があるもの(電球とか)以外は

光の反射、吸収具合で色味や明度が変わってきます

例えばこちらのお客様

IMG_7298

 

 

 

 

 

 

 

店内でフラッシュ無しでの撮影をしたお写真です

 

 

 

同じお客様で白い光のフラッシュを当てて撮影すると・・・

IMG_7289

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように光の当たり方(反射)で見え方が違ってきます

 

そして、乾燥やダメージなどで表面がデコボコしてると

 

光が乱反射し明るくパサついて見えやすくります

逆に髪が濡れていると髪の凹凸が滑らかになるので

反射する量が減り暗く見えます

 

例外もありますが

明るい方が傷んで見えやすいのは

光の反射が関係してるんですね(^^)

 

 

カラーの色や明るさを決める時

「◯日に〜」とか「◯日後に〜」と

予定に合わせて色や明るさを決める方も多くいらっしゃいます

そこにプラス、屋外なのか屋内なのかを加えるだけでも

仕上がりの色が少し変わってきます!

例えば

「明るくしたかったけ外で見るとこんなに明るいの!?」が

避けられます(^^)

 

先ほどのお写真を見ていただいても分かるように

雑誌に載ってる写真や画像データも実際の色と光の当たり具合で

かなり変わっています

ぜひ、こちらも参考にされてみてください!!

この記事を書いた人

Chihiroスタイリスト
【血液型】
*AB型
【好きなもの】
*ヘアアレンジ *うさぎ *チョコレート
【お仕事のスタンス】
*髪が綺麗になると
その日は誰かに会いたくなります
自信がつくと
外に出かけたくなります
美容院は
『人と人とを繋ぐ場所』
だと思っております
一人一人違うライフスタイルの中で
一人一人にあったご提案をさせていただけるよう日々、勉強中です

髪の悩みがありましたら下記のラインからご相談承ります。
相談は何時でも受け付けてますのでお気軽にお友達追加してみてくださいね。
ラインからもご予約できます。お気軽にお尋ねください。

LINEでGROSSを友だちに追加する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です