化粧水へのこだわり

image

「美しい髪が人生にワクワクと感動をプラスしてくれる」を自分のキャッチコピーにしようかと最近考えていながら美髪研究にいそしんでいる今井です。

本日は当店であつかっている化粧水、通称「悪魔の水」についてです。

 

髪に化粧水??って思われるかもしれませんが何度も僕は言ってるんですが、乾燥してるんのは水分がないからでしょ。だから水分を入れなきゃ乾燥はなおらない。

ただそれだけなんです。

これで、髪が再生するとは言ってないんです。ただ潤うんです。潤うとキレイに見えるんです。

しかも、この化粧水のこだわりは半端じゃない!

ここからは化粧水を作っている会社の社長さんのお言葉です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「化粧品にそこまで、必要あるのか?」

と、聞かれると、答えに窮してしまいます。
普通、使用されませんのでね。

化粧品で、この超純水を使っているところってのは
そうそうありません。 たぶん、殆どないでしょう。

では、どんな業界で使用されているのか?

この超純水は、医療品製造とか、半導体業界とか、原子力発電とか
何かちょっとのことでも、大事になる業界です。

化粧品のような業界には、まず使われない。
それほど圧倒的にコストが高いのです。

しかし、私は
「コストを度外視しても使う」
と導入を決めました。

もちろん、「圧倒的な品質」の為ではありますが、
圧倒的な品質で、他を寄せ付けないぞ。
という私の「意地」が大きいのです。

さて、どれくらい、一般的な水と
差があるのでしょうか?

例えば、水道水。
50mプールに、ドラム缶数本分の不純物が溶けております。
塩素だとか、カルシウムだとか。

数本分って、結構ありますよね。

それをまあ、口に入れる、つまり料理などに使っておるのは
怖い気がいたしますけども、それでもまあ、
世間一般では常識として許されております。

こういう水を、料理、洗濯、入浴に使用しているわけです。

さて、次。
化粧品で、使用する水となると、
「純水」「蒸留水」「精製水」「脱塩水」
といわれるレベルの水です。

化粧品や、化学製品製造に使われています。
他、飲料の原料や、精密機械の洗浄、理科学実験などに使われております。

50mプールに、角砂糖1個分の不純物が溶けております。
ドラム缶数本から、角砂糖1個になったのですから、不純物は
ずいぶん減らしたと、わかって頂けると思います。

これが、弊社の製品 M3.4 の世代まで使われておりました。

で、その上が
「超純水」

なんと、不純物は、東京ドームに角砂糖1個というレベルです。

で、このような特別な水を、なぜ使用するのか?

それは、詳しくは言いたくないのですが、
導入するか否かを決める際、
比較実験をしたところ、すべて純水よりもいい結果が出たからなんです。

要は、「溶かし込むパワー」が普通の純水とは桁違いなのです。

海洋深層水との相性、植物から抽出したミネラルが
超純水に溶け、化粧品としての作用を発揮するのです。

そんじょそこらの、怪しい「みずもの」と一緒にして頂きたくないものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だそうです。

本当にこだわりぬいているからこそ結果も付いてくるんですね。

先日のお客様で、ずっとちゃんと化粧水をしていたのに「しばらくさぼっちゃった」「てへ」的な方がいたのですがやっぱりパサついてしまってました。

すぐに、わかったのでしっかりとアドバイスさせていただいたのですが、継続は力也です。絶対に髪は手入れをするとしっかりと応えてくれます。

パサツキには化粧水。

これをこれからもしっかりと伝えて生きたいとおもいます^^

この記事を書いた人

NOBUYUKIオーナー&スタイリスト
【血液型】B型
【好きなもの】マンガ
【趣味・マイブーム】
ウインタースポーツ
【お仕事のスタンス】
常にお客様の髪のコンディションを考えて日々お手入れがしやすいスタイルを提案し、ご自宅でのヘアケアまでしっかりサポートする事で最後まで顧客によりそうスタンス。
くせ毛でお悩みの方へのさまざまなご提案を得意とし、クセを生かすカットスタイルや部分ストレートなどのテクニックで悩みの解決へと導いている。

髪の悩みがありましたら下記のラインからご相談承ります。
相談は何時でも受け付けてますのでお気軽にお友達追加してみてくださいね。
ラインからもご予約できます。お気軽にお尋ねください。

LINEでGROSSを友だちに追加する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です